夏休み企画・ダニーデン市立美術館をアート・ハントしながら回ってみた

12月から1月にかけて、ニュージーランドの学校は夏休み。子供のための企画がいっぱいです。そこで、ダニーデンの私立美術館について今日はご紹介しましょう。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ 14/1000

Kia Ora!  うちだいずみです。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、14個目の今回は、子供と一緒にダニーデン市立美術館(Dunedin Public Art Gallery)のアート・ハントで遊びました。

こちらが美術館。町の中心部、オクタゴンにあります↓

ちなみに、入場は無料です。ホームページに「無料」と明記されています。

ただ、入ってすぐに寄付金箱が置いてあります。寄付できる方はよろしくお願いしますm(_,_)m

中は、こんな吹き抜けになっています。お洒落です。

このグラウンドフロアの左手、ガラス張りのところが、今回のお目当て↓

子供のための、プレイスペース!

いつも、何らかのアクティビティができるようになっているんですが、今日は何かな?

なになに、何か1人1つ、とっていいんだ?

チョコレートみたいだけど、粘土でした(^^)

これで、昔、金が採れていたオタゴ地方(ダニーデンのある地方です)の風景を再現しようというらしい。何か作ってくれ、というので・・・・

馬を作ってみました馬

続いて娘アロハは、落書き、いや、壁にお絵描き。また馬(笑)

ひととおり遊んでから、いよいよ本命のアート・ハントの問題用紙をプレイスペースでピックアップ。

アート・ハントというのは、美術館内の作品の1部が書かれた問題用紙をもらって、それを1つずつ、どこにあるかチェックするというもの。「ウォーリーを探せ」のアート版、と言えばお分かりでしょうか。

全部チェックしたら、受付に持って行って、チョコレートをもらうピンクハート、というお楽しみがあります。

だいたいは子供を対象にしていますが、結構難しくて、結局、親もいつも頭を悩ませます💦

何時間もかかることもあります💦

ダニーデンばかりでなく、ニュージーランドの博物館・美術館では、いろいろなところでしょっちゅうやっているのですが、日本や他の国でも流行ってるのかな?

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

今日のお題↓ この絵は、20個くらいの美術作品(彫刻やビデオインスタレーションなども含む)の1部を集めたもので、それぞれを見つけられたら、左欄の作家名・作品名をチェックするというもの。

例えば、赤枠の中のリボンは、この巨大な作品の下の部分を描いたものでした。

正直言って、めちゃ面倒くさいし、左の欄をチェックするだけなので、ズルしようと思えばパパッとチェックして終わり。

しかし、ひとつひとつ、真面目に探す私たち。

40分くらいかけて、ようやくチェックが全部でき、椅子に座って「あ〜疲れた。さ、受付に持って行こうか」と台紙から問題用紙を外したら・・・・

ガガーン! 裏にも問題があった!

まさか。

ここで苦渋の選択をせまられる私たち。

すでにかなり疲れて喉も渇いている。しかし、ここで諦めたらこれまでの40分が無駄になってしまい、チョコレートがもらえない。

「どうする〜?」「・・・・やりたい」

ということで、重い腰を上げて、ひとつ上の階の作品をつぶさに見て回ることにしました(階ごとの問題だった)。

結局、さらに40分ほどかかり、合計1時間半弱をアート・ハントに費やしました。

受付に持って行ったら、どうやら両面やり遂げる子は少ないらしく、

「あら〜、頑張ったわね! チョコレート、ひとつかみ持って行って、いいわよ!」

と特別の計らいがドキドキ (普通は、チョコ1個だけです)

疲れも吹き飛びました(娘の)。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

おまけ。

この美術館、建物内部のデザインがダイナミックかつお洒落、写真を撮るのに面白いアングルも沢山あります。

そこで、開館後には、パーティ会場としてレンタルもしているんです。特に、ウェディングに人気カナヘイハートです。

お値段は、午後5時から翌朝1時までの8時間で、NZ2000ドル(20万円弱、という感覚です)。

これ、披露宴の会場費としては、結構安くないですか?

ちょっと娘を立たせて、雰囲気を見てみたりしました。まだずーっと先でしょうけどね↓

チョコレートは、今日はコイン型チョコでした。金貨をザクッともらった感じでお得感倍増でした! 応援ポチッとしていただけると嬉しいです↓

 

関連記事

  1. ヒナなんと77羽! 2019年カカポの大繁殖、その記録を総まとめ

  2. スタインラガー東京ドライのCMから、日本イメージを考える

  3. 宝石みたいで可愛い! ビーチグラスを集めよう

  4. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  5. 朝焼け写真の撮影なら今! 秋の朝は忙しいのです。

  6. 絶滅に瀕した世界一重いオウム・カカポの最新情報はここで分かる!

  7. ここが重要ポイント! 薪(たきぎ)を積み方を教えます

  8. 北半球とは反対!? 南半球の月の見え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著