もったいないから使っちゃおう ニンニクの皮を使った庭仕事

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ  12/1000

Kia Ora!  うちだいずみです。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、12個目の今回はニンニクの茎の皮を利用したエコな庭仕事。

そもそもは、庭で至急やらなくてはならないことが2つあったことから始まりました。

1つ目は、ニンニクの収穫。

園芸ド素人だった頃から(今は、園芸素人くらいです。「ド」は取れたと思います!)、植えればちゃんと生えてくれたニンニク。虫もつかず、手間もかけないのに育ってくれるので、庭で作り始めてからはニンニクを買ったことがないくらい。本当にありがたい存在です。

今年も、たっぷりできました。

ニュージーランドでは、ニンニクは冬至に植えて、2月に収穫、と言われています。

しかし、今取らなくてはならないのは、実は昨年収穫しそびれて、早くから土の中にずっといたので、すっかり育っちゃった、というもの。ニンニクの1片1片が、新たなホールニンニクに成長していくわけですが、込み合いすぎているために、あまり大きく育っていません。

でも、葉もほとんど茶色くなっているので、獲りどきです。

ニンニクは収穫の後、1週間くらいそのまま地面の上に置いて乾燥させます。そうしないと、湿気が多すぎて、早く腐ってしまいます。

乾燥したら、我が家では、ニンニクの玉を左手に、茎を右手に持って「えい!」と茎を引き抜きます。抜けない時は、ハサミで切ります。

さらに、もじゃもじゃしている根を切りそろえます。

この過程で、茎とか根っことか、当然ゴミが多々出るのですが、今回はじっと見つめているうちに、これ・・・使えるんじゃない?と思いつきました。

それが、私の2つ目の急務である、トマトの茎を吊るためのひも(誘引ひも、と言います)の調達、です。

我が家のトマト、すでに私よりも背が高く、実もたわわについているので、ちょっと目を離すと、ぐあーん、と茎が垂れ下がり、下手したら折れてしまいそうです。

そこで、支柱に結びつけたり、温室上部の針金に吊りたいのですが、今、ひもが手元にない。

そこで、手近にあるフラックス(ニュージーランドの巨大な草)などを使おうかと考えたんですが、これはちょっと固いので、ちゃんと処理しないとトマトの茎を痛める可能性があるかも・・・・

じゃあ、この適度に柔軟なニンニクの茎の皮を使ってみようかな、というわけです。

ご存知のように、ニンニクの皮って、すごく硬くて丈夫ですよね?

それと同じように、ニンニクの茎の皮も、繊維が強くて、剥きにくいんです。そして、青いものは柔らかめだけど、乾くと茶色くてますます丈夫になる。

長さは結んで調整。こんな風に、青いところと茶色いところを繋げていくと、結構結びやすかったです↓

さあ、使ってみましょう!

バッチリ使える!

あ、そうだ、もう1つあった、コンポスト寸前のもの↓

とうもろこしの皮。

裂いて、結んで。こちらも完璧に使えます。

なので、温室の片隅に、これから使えそうな「ニンニクの茎の皮ととうもろこしの皮」をまとめてみたら、ちょっと貧乏くさい(笑)

なので、上に他の道具をかぶせておきました。園芸、パッと見も綺麗な方が楽しいですからね(^^)

使えるものは、とことん使う。

庭でもどこでも、これを基本にしていたいと思います!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今日の収穫(1部)↓


これを生かすとなると・・・ズッキーニのパスタとそら豆のパテでも作ろうかな(^^)

トマトハウスにいると、枝ぶりを見て誘引(どっちに茎を生やすか)を考えているうちに、あっという間に時間が経ってしまいます(^^) 応援ポチッとしていただけると嬉しいです↓

関連記事

  1. NZ特産マオリポテト(紫芋)、誰も知らない超美味しい食べ方

  2. 宝石みたいで可愛い! ビーチグラスを集めよう

  3. 4月25日は世界ペンギンの日。第10回国際ペンギン会議を振り返りましょ…

  4. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  5. 【レシピ】ちょっと厚めのチェダーチーズクラッカー(ゴマ入り)

  6. 【Photo tips】ライブハウスでの撮影のコツと編集例(基本編1)…

  7. ニュージーランドの野生動物を守れ! 『Wildlife Rescue …

  8. NZと日本のビールが合体!? スタインラガー東京ドライを飲んでみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著