朝焼け写真の撮影なら今! 秋の朝は忙しいのです。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ 35/1000

Kia Ora! うちだいずみです。

 

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、35回目の今回は、今の時期にやめられないとまらない、朝焼け/日の出撮影についてご紹介しましょう。

 

だいたい私は、毎朝6時に起きて、1時間くらい自分の1番したい仕事とか、本を読むのが日課です。仕事にもっとも能率の良い、ゴールデンタイムです。

 

それから7時すぎに娘を起こし、お弁当と朝ごはんを用意して、8時15分くらいには家を出て、車で学校まで送っていきます。

 

ところが、最近は様子が違います。

 

今日の日の出は7時24分。ということは、6時を過ぎる頃から、朝焼けが始まってしまうのです。

 

そうなると、写真を撮るのが大好きな私は、どうしても綺麗で綺麗でしょうがなく、いつもソワソワ。お仕事タイムが朝焼け撮影タイムに変わってしまいます(笑)

 

例えば、昨日はこんな感じです(我が家はオタゴ湾に面し、向かいにはハーバーコーン(Harbour Cone=港の三角山)という整った姿の火山性の丘が見えます)。

 

朝6時48分。少し明るくなり始めた空、青のグラデーションが微妙で素敵。ハーバーコーンのシルエットがくっきり見えていて、家々の明かりもまだはっきり見えて可愛い。その上、手前を明かりをつけた船が通って行きました。シャッターチャンスです↓

 

 

6時49分。船が通り過ぎた後。船なしバージョンも撮らなくては↓

 

 

それからしばらく、本を読んでいたんですが、次第に空に赤みが差してきました。もうすでに朝6時50分です↓

 

 

さあ、7時を過ぎたから娘を起こして、お弁当を作りましょう。で、キッチンで仕事を始めて、ふと目を上げると、わあ、ちょうど日の出で、朝焼けが鮮やか! すでに朝7時30分です。娘はまだ起きてこない(また寝てしまったらしい)。起こしに行かなくちゃいけないけど、まずは写真を撮っておかないと↓

 

 

冬は、ハーバーコーンのすぐ左から日が昇っているのですが、だいぶ日の出の位置が動いて、木の真後ろから出てきています。シルエットが見事なので、クローズアップを撮らなければ。朝7時32分です↓

 

 

また、丘の上の木のシルエットと、赤のグラデーション、それに雲の黒味もドラマチックです。撮っておかないと。7時32分です↓

 

 

うーん、今日も素晴らしい朝だった。さ、ご飯ご飯。娘も起きてきたし、お弁当も仕上げなくっちゃ。

 

と、朝ごはんを一緒に食べて、さあ、片付けよう、と思って外を見たら、あ、日の光が雲を通して放射状に伸びている! またカメラを出さなくては。朝8時1分です↓

 

 

 

これはやはり、この光のラインをきっちりクローズアップで撮っておかないとね。8時3分です↓

 

 

そんなこんなしているうちに、家を出る時間になるのですが、何かをちょっとしては、カメラを出してパチパチ。カメラをしまってちょっと経って、また出してパチパチ。

 

何とも慌ただしい朝になってしまうのです。とほほ。

 

毎日、「今日はもう、いいや。また昨日と大して変わらないよね」と思うのですが、翌日、つまり今朝は・・・・

 

昨日とは雲が違うので明るいし、潮の引き方が違うじゃないですか! 同じ朝は、2度と来ないのです。撮影しないと。 朝6時56分です↓

 

 

・・・・と、またまた、忙しい朝の始まりとなってしまうのです!!

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

では、なんで「今の時期」かというと、これはニュージーランド、特に私の住んでいるダニーデンの位置に関係します。

 

ダニーデンは、緯度でいうと南緯45度52分のところにあります。これ、日本の緯度と比べてみると、北海道の最北端・宗谷岬が北緯45度31分なので、それよりも極に近い、ということになってしまうんです。

 

つまり、極に近いということは、日の長さが1年の間に大きく変わり、日の出・日の入りも見やすい時期と見にくい時期があるのです。

 

例えば、12月21日、日本の冬至の日はニュージーランドの夏至にあたります。この日は日の出が朝5時43分、日の入りが夜9時28分です。昼の長さは、なんと15時間44分。1日の2/3は昼なのです。なので、朝が早すぎて、朝焼けを見るとか、無理。夕焼けはかなりの確率で見ることができますが。

 

一方、6月21日は日本の夏至、ニュージーランドの冬至にあたります。この日は日の出が8時20分、日の入りが夜4時59分。昼の長さは、8時間39分しかありません。つまり、1日の1/3くらいしか、昼がないのです。これは、ちょうど家を出なくてはならない時間で、忙しいのです。

 

私の今までの経験では、3月から4月にかけての朝焼けが、いちばんきれい。

 

とはいえ、3月は1か月に1時間半も昼の時間が減ってしまい、朝もどんどん遅くなります。それなのに朝焼けを見てるヒマあるの?

 

それが、サマータイム/ウィンタータイムの切り替えがこの時期にあるのです。なので、だんだんと朝が遅くなってきて、家を出なくてはならない時間に朝焼けが始まりそうになると、1時間タイムが遅くなって、またちょうど朝焼けをちょうど見てから、家を出る、という具合になるのです。

 

なので、あと1ヶ月半くらいは、なんだかバタバタしながら、朝を過ごすことになります。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

さて、このように沢山の写真をひたすら、ほとんど自分のために撮り続けていたのですが(時々仕事に使っていた)、最近、人のお勧めもあって、実はインスタグラムを始めました!

 

NZの生活などを撮ったものと、ダニーデンの自然に特化したものの2つをほぼ同時に1か月くらい前に始め、ありがたいことにどちらも600人、700人とフォローしていただいています。

 

良かったら、チェックしてみてくださいm(_ _ )m

NZの生活など→izumi_nz

 

ダニーデンの自然紹介→dunedinwildlife_nz

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

最後にもう一つ。

 

今日ご紹介した朝焼けは、割とおとなしいものなんですが、時々本当に、真っ赤に染まるような見事な朝焼けが見られます。最近では、こんな感じ(これよりもっと、燃えるような空になることもあります)↓

 

 

こんな赤い空を見ると、私は、いつも亡くなった母を思い出します。母が最後にニュージーランドに来てくれた時、朝焼けがすごく鮮やかだった日があったのです。それを見て、母は「こんな綺麗な朝焼け、初めて見た」と言いました。

 

私は、自分が小学4年生くらいの時に、母と二人で宮崎の都井岬に行って、その時見た燃えるような空を強烈に覚えているので、「あの時の朝焼けも綺麗だったよ」というと、母が「それは夕焼けだった」と言うのでした。

 

私はてっきり朝焼けだと思っていたのですが、夕焼けだったのか…. そう言われれば、そうかもしれません。今みたいに、ぱちぱち写真を撮る時代じゃなかったし、母はカメラも持っていなかったから何も記録はないけど、大事なものはちゃんと心に残るんだな、母もちゃんと覚えてるんだな、と嬉しく思いました。

 

写真は楽しいけど、これからも、撮影する時の「気持ち」を何よりも大事にしていきたいと思います。

 

関連記事

  1. 絶滅に瀕した世界一重いオウム・カカポの最新情報はここで分かる!

  2. ロックスター並みの国民的大人気! ニュージーランド保健省長官、アシュリ…

  3. ぬるっと美味しい! 生めかぶの最高の食べ方・効用・そして注意点

  4. ヒナなんと77羽! 2019年カカポの大繁殖、その記録を総まとめ

  5. ニュージーランドの権威ある野生生物写真コンテスト、2020年度受賞者発…

  6. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  7. 4月25日は世界ペンギンの日。第10回国際ペンギン会議を振り返りましょ…

  8. IELTS試験、準備期間6日間でバンドスコア8。「これだけやった」超短…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著