Sea Weekだ! ビーチクリーンアップに行きましょう

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ 32/1000

Kia Ora!  うちだいずみです。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、32個目の今回は、ビーチクリーンアップに参加します。

 

昨日からスタートしたSea Week。毎年ニュージーランド全国で、海の楽しさ、大切さを伝えるイベントが多数繰り広げられます。

私はつい失念していたのですが、昨日ようやく気付き、「よし、まずはビーチクリーンアップに参加しよう!」と決めました。

ご存知のように、現在、ゴミ、特にプラスチックゴミは大量に海に流れ出し、分解されずに海洋生物を苦しめています。広大な海にポツンと浮かんでいるニュージーランドからゴミが出ると、近くに住むクジラ、イルカ、オットセイ、アシカ、ペンギン、海鳥、そしてもちろん魚などにすぐに大きな影響を与えてしまいます。

正直言って、ニュージーランドの海は日本の海岸と比べると、ずいぶん綺麗です。でも、それはマナーが良いからというわけではなく、人の数が圧倒的に少ないからだ、と私は思っています。

さあ、拾いますか。

 

ひとつでも拾えば、それだけ危険がなくなりますからね!

今回のクリーンアップを開催したのは、Our Seas Our Futureというニュージーランドの海にフォーカスした自然保護団体。サーフィンで有名なセント・キルダビーチのライフセービングクラブで集合です。

 

 

みんな、とってもフレンドリー♡

「手を切ったりしたらいけないからね」と、手袋と丈夫なゴミ袋をもらいました。

私が歩いたのは、こんなところです↓

 

 

ご覧のように、長く続く美しい海岸、砂丘、そして土手があって、車道があります。ダニーデン市内から1番近い海岸でありながら、水遊びやサーフィン、ランニング、犬の散歩などが存分に楽しめるスポット。ダニーデン市民の憩いの場です。

ただ、パーキングもいっぱいあることから、車でここに乗り付けて、海を見ながら友達とグダグダして、ビールを飲んで軽くパーティ、ということも日々行われています。

そのついでに、ゴミをそこらにホイ、ホイと捨てても、砂丘に生えた草にまぎれて分からなくなってしまう・・・ということになります。

そこで、ゴミ拾いの中心は、この草むらの中。すっごい急なんですけどね!

 

 

ゴミ袋を持って、いざ出陣! それにしても天気がいい〜。

 

 

ビーチでみんな楽しんでます。ゴミを拾ってる人ももちろんいましたよ!

私も草の中に入っていきます。

 

 

なんかあった。

 

 

ピザハット。

 

 

KFC。

 

 

アルコール類。

 

 

 

そして、タバコの吸殻の山。このフィルターもプラスチックなので、海鳥とかが飲み込んで、とても危険なんです!

 

1時間半ほど集めて、袋が2/3くらいいっぱいになりました。

今回、娘は他の用事があったので、連れて来なかったんですが、今度は絶対、一緒にやりたいと思いました。

だって、自分でこうして拾ったら、絶対に捨てる人にならないはず

1年に1回は、学校とか主導でやるのもいいんじゃないかな?!

 

ただでさえ気持ちのいい日曜日、ちょっと良いことをできたのも気分が良く、また参加しよう、と思ったのでした。

 

関連記事

  1. ヒナなんと77羽! 2019年カカポの大繁殖、その記録を総まとめ

  2. 【ニュージーランド Lockdown 日記】 19日目(4/13)虹、…

  3. 4月25日は世界ペンギンの日。第10回国際ペンギン会議を振り返りましょ…

  4. NZ定番のお祝い「ベッドで朝ごはん(Breakfast in Bed)…

  5. ソフトネックvsハードネック? ニンニク分類の謎に迫る

  6. ニュージーランドのクリスマスツリー、ラタとポフツカワの違いはどこ?

  7. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  8. 審査員をやって考えた。写真コンテストで選ばれる写真、選ばれない写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著