ニュージーランドのクリスマスツリー、ラタとポフツカワの違いはどこ?

南半球の島国、ニュージーランドでは、クリスマスは夏にやってきます。なので、クリスマスツリーも、雪をかぶるのではなく、盛大に咲き誇っています! 特に真っ赤な花を咲かせている特徴的な木を、ニュージーランド・クリスマスツリーと呼ぶんです。

<!–more–>

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ 3/1000

 

Kia Ora! うちだいずみです。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、3個目の今回は花を愛でましょう。

日本人に「さくら」があるように、ニュージーランド人にも「これを見ると、しぜんと心がときめいてしまう」 という花があります。

それが、ニュージーランド・クリスマスツリー。クリスマス時期になると、見事な花を咲かせます。

 

赤くフサフサした大きな花が眩しくて、緑の葉とのコントラストで、どんなところに生えていても、すぐ目にとまります。

あんまり鮮やかなので、近くに見に行ってみたら、ウォンウォンウォンとものすごい響きが。

 

 

すごい数のハチが集まってきていたんです!

すると、娘が怪しい動きをはじめました。

これ、何をしているのだ、娘?

 

 

オリンピックの聖火ランナーごっこか?

いいえ、自分の持っている花のところに、ミツバチちゃんを呼ぼうとしていたのでした。

何度かトライしたら、もといた花から手にした花のところに、歩いて来てくれましたよ。可愛い。

 

 

ついでに舐めちゃえ(舌が蜜に届かなかったので、味がわからなかったそうです)。

 

北島と南島で違うXマスツリー!? ラタとポフツカワの見分け方。

この木は、サザン・ラタ(Southern Rata)といいます。

え、ポフツカワ(Pohutukawa)じゃないの!?

ニュージーランドに住んでいる方なら、そう言うかもしれません。

実は、ニュージーランドにはクリスマスツリーと言われている木が数種類あるんです。そして、北島に多いポフツカワが、クリスマスツリーとして一般的に知られています。

でも、私の住んでいる南島に多いのは、ラタ! 北島の方が住んでいる人が多いので、ポフツカワにクリスマスツリーのタイトルを取られがちなのですが、ラタも立派なクリスマスツリーとして認められているんですよ。

このポフツカワもラタも、同じような赤い花を咲かせるので、一見しても分かりません。しかも、ラタの中にも数種類あって、普通に見られるのはサザン・ラタとノーザン・ラタ(Northern Rata)という2種類です。これらの花を見分けるポイントは、実は葉っぱにあるんです。

ラタとポフツカワの見分け方
⭕️ポフツカワ    葉っぱの裏にふわふわした毛のようなものが生えている。

⭕️サザン・ラタ   葉っぱの裏がつるつるで、葉っぱの先が尖っている。

⭕️ノーザン・ラタ  葉っぱの裏がつるつるで、葉っぱの先に凹みがある。

これで、あなたもニュージーランドのクリスマスツリーのエキスパートです!

童話にも登場! ラタとポフツカワはいとこ設定。

「僕たち、いとこ同士に違いないよ!」。

ニュージーランドには1950年代に一斉を風靡した”Adventures of Hutu and Kawa“(エイビス・エイカーズ作『フツとカワの大冒険』日本語訳なし)という、クラシックな童話があります。

 

この童話は、ニュージーランドの代表的な動植物がほとんどすべて出てくるフェアリーテイルで、絵もお話もとっても可愛いんです。

主人公は、ポフツカワの花の妖精・フツくんとカワくん。この赤いモヒカン刈りみたいな男の子たちが、流れついた島でラーちゃんとターちゃんという、自分にそっくりの女の子たちに会い、「僕たち、いとこ同士に違いないよ!』と言うんです。

ラーちゃんとターちゃんは・・・そう、ラタの花の妖精です(ネーミングが分かりやす過ぎ!)。

 

フツくんが言う通り、ポフツカワとラタは、生物学的にもちゃんといとこ同士。どちらもフトモモ科メトロシデロス属の植物です。

そして、ポフツカワとラタの間には「ハイブリッド」すなわち交配種もあります。このフツくんとカワくんも、ラーちゃんとターちゃんと結婚して子供を作っていくかもしれませんね。

(余談)昔からフトモモ科と聞くと、どうしてもこそばゆい気持ちがしていたのですが、今回調べてみたら、「蒲桃」という字が当てられていて、中国名プートゥが変化したもの、ということが分かりました。でも覚えやすいので、NZのクリスマス・ツリーは太ももということにしておきたいと思います(笑)

ラタとポフツカワに忍び寄る脅威、ポッサム

ラタとポフツカワは、かつて、海岸線や山に森をつくって広がり、春になると美しい赤に染めていました。しかし、そうした森が戻ってくることはない、と言われています。それどころか、その将来を懸念されています。

理由はいろいろありますが、もともとの原因は、人間です。特にラタは非常に硬い木で、木材として適しているために、多くが切り倒されました。また、ラタもポフツカワも、農地などを作るために切り払われた場所が多数あります。

そしてさらに、現在の最大の脅威は、オーストラリアから毛皮をとる目的で移入されたポッサム(フクロギツネ)です。ポッサムは、赤い花や若芽、葉などを食べ、2年ほどで木を殺してしまうのです。

そのため、プロジェクト・クリムゾンという、ポフツカワとラタの保護だけに特化した団体が、植林などをして守ろうとしています。

NZのクリスマスツリーはニュージーランド人の心のふるさと。いつまでも見事な赤い花が見られますように。

 

関連記事

  1. 海藻を庭に撒くと、野菜がとっても元気に育つというお話

  2. 絶滅の危機に瀕した飛べないオウム・カカポの貴重なヒナに会った!

  3. 宝石みたいで可愛い! ビーチグラスを集めよう

  4. 男の子大興奮!?  ダニーデンの港でタグボートのお仕事拝見

  5. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  6. ダニーデン・サウンドの歴史ここにあり Muso Cludへ潜入

  7. NZの小さなセミは、この国の自然を象徴しているスゴい存在だった

  8. 【拡散希望】アスペルギルス症で感染死続出! カカポに寄付をお願いします…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著