【ニュージーランド Lockdown 日記】 5日目 図書館で無料映画、本の片付けは続く、パンケーキ

Kia Ora!  ニュージーランドのロックダウン、5日目です。

天気が一気に悪くなり、外に出るモチベーションが下がってしまいました・・・。その代わり、家の中の片付けは進みましたよ!

NZあるいはAUの図書館、無料映画を提供!

ロックダウンの数日前から、ニュージーランドの全図書館は閉まってしまいました・・・ 悲しい。でも、多くの人が本を触るので、何か対策が立てられるまで、やむを得ないかもしれないですね。

それでも、何かをチェックしようとした娘が急に「わ! 図書館で、無料で映画が見られるよ!」と叫びました。どういうこと?

実は、いつサービスが始まったのかは分からないのですが、ニュージーランドとオーストラリアの公立図書館に登録している人は、何百という映画をストリーミングで見られるようになっていたんです!

こちらです→Beamafilm

最初に自分の図書館を選び、図書カードの番号を入れてから、さらにBeamfilmに登録するのですが、簡単でした。

そして、こちらチョイスが普通じゃない。滅多に見られないニュージーランドやオーストラリアの映画や、ドキュメンタリー、アートフェスティバル系、LTGBQ+映画、各国語映画、懐かしのクラシック映画など、良質のものが多いんです。

ネットフリックスを愛用している我が家ですが、ラインアップが玉石混交なので、見るものを探すのに何十分もかかることがあるんですが、これはありがたい!

我が家は1週間に1度、一緒に映画を見ていたんですが、Lockdownになってからは2日に1度、時には毎晩というペースにアップ(笑) 順番に見る映画を決めているんですが、私が選んだのはこちら↓

ケーリー・グラントとオードリー・ヘップバーンのサスペンスロマンス、シャレード(1963年)。

スタイリッシュなサスペンス・ロマンス。人はいっぱい死ぬけど、昨今の血が飛びまくる暴力的なアクション映画と違い、プロットとセリフにその分のエネルギーが使われている感じで、楽しめました。娘(14才)も好きと言っていたのは、映画全体がファッショナブルだし、ヘップパーンが優雅でコミカルだからかな。なので、家族で見る映画としておすすめです!

ベッドルームの1面、片付きました

さて、私の今日の仕事は2つ。

1)請求書を書く。
2)ベッドルームの1面片付けを終える。

先月に終えた仕事の請求書なんですが、今年はもうロケコーディネイトの仕事は「ない」と思っているので、これでしばらく請求書ともお別れ・・・・いや、他の仕事を頑張ります!(物書き、翻訳、写真等、お仕事なんでも引き受けます❤️)

そして、ベッドルームの片付け! 何年も溜め込んだホコリによる体調不良と格闘しつつ、とりあえず1面終えました。

それにしてもなあ・・。どこの童話だったか忘れてしまったんですが、こんなお話、ありましたよね?

ある国で、王様が「家にあるゴミやホコリを持ってきたら、同じ重さの金をつかわす」というお触れを出します。

国中の女たちは、それを聞いて、ここぞとばかりに溜め込んでいたホコリを大量にかき集め、嬉々として使いに差し出しました。

しかし、ひとりの女性が、ほんの少ししか持ってこなかったので、使いが「なぜ少ないのか」と聞くと、「一生懸命集めたのですが、家中探しても、これしかなかったのです」と答えました。

王の使いは「あなたこそ、王子と結婚すべき女性だ」と宮廷に連れ帰ったということです。

私、絶対王子と結婚できない!(笑) でも、代わりに綺麗好きの王子(しかもドイツ人)を見つけました・・・そして、毎日のように怒られることになったのでした。人生、うまく勉強するようにできてますNね! ちゃんちゃん。

明日は、綺麗好きの王子が、部屋の壁塗りをスタートします!

パンケーキ

我が家では、ほぼ9割8分、私が料理担当です。それは、料理が好きだから(食いしん坊だから)ですし、また夫が作ると野菜がほとんどない食事になってしまうからです。

しかし、時々作ってくれるパンケーキは、家族のお気に入り。パンケーキ、と言いますが、日本でいうとクレープのちょっと厚めなもので、コンフォートフード(食べるとほっとするもの)です。

作り方はざっくりしており、小麦粉にミルクを入れ、卵を1つ入れて、ドロドロの状態にします。ポイントはただひとつ。この状態で15分〜30分置くこと。そうすると、いい感じに伸びるもちもちパンケーキになります。

焼くときはバターで焼きます。結構時間がかかるので、普通は「日曜日のご馳走」なんですが、今はロックダウンで時間があるので、平日にのんびり作ってます。

味がニュートラルなので、具はなんでもオッケー。大体は、最初にお食事パンケーキにします。今日はツナとチーズ。

くるくる巻くと、こんな感じ。モチっとしています。

2枚目は、甘いもので。ヨーグルト、メープルシロップ、それに少々マーマレードも足しました。

この他、レモンとブラウンシュガーもよく合います。本当は、サラダとか、焼いた薄切り肉とか、ベーコンもいいと思うんですが、我が家は大体こんな感じのシンプルな具で食べてます。

ごちそうさま!

DAY5のインスタグラム

「いつでも行ける」「いつでも会える」そんな風に思っていたものが、急に手の届かないところに行ってしまった今。自分にとって大事なものが、だんだんと鮮明に見えてきます。

オタゴ半島のロイヤルアルバトロス。また早く会いに行きたいです。

View this post on Instagram

Lockdown day5. It is interesting to learn what I miss when I cannot go out. For example, I am missing the wildlife on the Taiaroa Head. It is not that I go there very often, because it is one hour away from home and is "a bit of a trip". However, I miss it very much and want to know what is happening. . . I guess knowing "I can go anytime if I want" mentality blurs what my heart really wants. Same with "I can see her/him anytime" etc. It is a good learning time to discern what is more important in my life compared to small things that look attractive to pursue. . . This is the "everyday view" of the Taiaroa head, with some royal albatrosses flying over. I know some of you are missing it too! . . And a good news – we can at least see what our Royal Albatross chick is doing, thanks to the 24-hour online camera, Royal Cam. Check it out! . . https://www.youtube.com/watch?v=t9XNKQY4tQc . . #taiaroahead #dunedinnz #newzealand #royalalbatrosses #lockdownnz #nzlockdown #otagoharbour #otagopeninsula #ダニーデン #ロイヤルアルバトロス #灯台 #オタゴ半島 #ニュージーランド #アルバトロスセンター #ロイヤルカム #royalcam @albatrosscentre

A post shared by Izumi Schmidt (@dunedinwildlife_nz) on

 

そして、シーサーもご紹介しました。

View this post on Instagram

Lockdown day 5. I would like to introduce Seesaa to you. They are a pair of creatures from Okinawa, southern islands of Japan, and they are believed to ward off any evil or bad things from your house. . . . I am originally from Japan, and love Okinawa – Islands of rich diversity of wildlife, landscape, stories and culture. Our family visited the islands about 12 years ago, and I brought back these Seesaa. They have been in the bedroom forever, but my husband, unable to work from home and suddenly having time, headed to workshop and made a beautiful shrine for them. . . They are now over our front door. Thank you hubby, and wishing you all the safe time❤️ . . 沖縄大好きな私。12年ほど前に沖縄に家族旅行したときに、シーサーの置き物を買いました。ずっとベッドルームに置いてあったんですが、ロックダウンで時間ができたら、ワークショップにこもり、なんとお社(?)を作ってくれました。で、今はドアの上に。みんなの分も、疫病神を追い払ってくれますように! . . #シーサー #seesaa #沖縄 #nzlockdown #lockdownnz #newzealand #dunedinnz #ロックダウン #ニュージーランド #ダニーデン

A post shared by Izumi Schmidt (@izumi_nz) on

それではまた! Keep safe!  Ka kite ano!(See you again!)

関連記事

  1. ジョー・バイデン、次期米大統領へ。NZアーダーン首相の祝辞、そしてNZ…

  2. Sea Weekだ! ビーチクリーンアップに行きましょう

  3. 2019年希少なカカポの記録的な繁殖を支えた、世界最先端の保護とは?(…

  4. NZ ジャシンダ・アーダーン首相の就任当初の言葉に、また心を動かされた…

  5. もったいないから使っちゃおう ニンニクの皮を使った庭仕事

  6. NZの小さなセミは、この国の自然を象徴しているスゴい存在だった

  7. ダニーデン名物・世界で一番急な坂道、またの名を内蔵破壊ストリート

  8. 簡単で失敗しない、ルバーブとヨーグルトのケーキ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著