【ニュージーランド Lockdown 日記】 18日目(4/12)イースター、エッグハント、命日、Jojo Rabbit

ニュージーランド、4週間のロックダウンの18日目でした。今日はイースターサンデー。キリスト復活の日は明日なのですが、その前日祭に当たります。この日は、キリスト教の国では、イースターエッグハントをする日なんです。

イースターエッグ

毎年、デコレーションを施した卵を飾っているんですが、その卵がどこにあるか行方不明に・・・。久しぶりに新しく作ってみよう、とイースターエッグを作って飾りました。

こんな感じ。中身は空にしています。

デビッド・ボウイにはまっている娘は、ボウイをモチーフにした卵をを作りました。こんな感じ。

こういう細かい作業、ホント好きだよねえ、と感心しました(笑)

エッグハント

そして、毎年恒例のエッグハント。チョコレートの卵を庭のあちこちに隠し、娘がそれを探して行きます。雨が降らなくて良かった! 娘は14才なので、14個(キスチョコは2個で1つ)隠しました。こんな感じのところに隠したんだけど、わかるかな?

木のちょっとした窪みとか(娘は2回以上、気づかずに前を通りすぎた)。

お釈迦様のところとか。

車のタイヤの下とか。

ジムニーの風除けの隙間とか(娘は全然気づかなかった・・・簡単だと思ったのに?)

石垣の間とか。

茂みの中とか(これはかなり難しい)。

庭の野菜の間とか(ちょうどキノコがあって可愛かった。これは簡単)。

ハシゴの隙間とか。

薪の間とか。

かなり難しくしたので、ヒントもずいぶんあげました。チョコエッグに近づいていくと「あったかい、あったかい」、もっと近づくと「あつい、あつい」と言います。反対に、離れていくと「寒い、寒い」、全然関係のないところを探していると「冷蔵庫に入ってるみたいだな〜、凍っちゃいそうだなあ」などと言います。

それでも分からないときは、チョコエッグが見られるところに私が立って、「ここからだと見えるのにな〜」と言います。

20分くらいはかくれんぼできたんじゃないかな? 久しぶりで私も楽しみました。子供達、楽しんだかな?

ロックダウン・エッグハント #NZEggHunt

先週、ジャシンダ・アーダーン首相が提案した、卵の絵を窓に飾るという「エッグハント」

ニュージーランドのあちこちで行われていて、首相のインスタグラムにも登場していました!

#NZEggHuntで検索すると、他にもたくさん出てきます。みんなの工夫が凝らされていて、とても暖かい気持ちになります。

そして、家の近くにもクリエイティブな人がいましたよ! 散歩していたら、道にこんなチョークメッセージが。

“HOW MANY EGGS CAN YOU FIND”(いくつ卵を見つけられる?)

この近くに住んでいる中学生くらいの女の子が、電信柱や道の上などに、10個の卵を隠してくれていたんです。会って話すわけじゃないけど、コミュニティっていいなあ、と思いました。

大々的にイースターをお祝いする家もありましたよ! きっと子供がいるのかな?

みんながあれこれ考えて、ちょっとずつ楽しくなることをしてる、というのがいいなあ、と思います。ロックダウンしていても、楽しみは忘れないでいないとね!

命日

今日は私の母の命日でした。母は非結核性抗酸菌症 という肺の病気で、肺の能力が普通の半分もないくらいで、最後は酸素吸入をしなくてはならず、とても苦しそうでした。今のコロナウィルスは、既往症のある人にとっては大変怖い病気。母が生きていたら、本当に心配だったなあ、といつも思います。

今日は瞑想時に、母のことを考えていたら、ふわっと「近くに母がいる」ような感じを思い出しました。いつも私を、心から安心できる気持ちにさせてくれた母。きっと今も見守ってくれるんだなあ、とありがたく思います。

世界中で今苦しんでいる高齢者の方には、みんなご家族がいて、面会もできず、さぞ辛い思いをしていると思います。弱い立場にいる方々が、苦しい思いをしないですむよう、早く収束することを祈ります。

Jojo Rabbit

今日の夜の家族映画は、イースターにかけたわけではないですが、ジョジョ・ラビット。ナチスドイツ下に生きる10才の男の子から見た、戦争、家族、愛をコミカルに描いた作品です。

この10才の男の子の「他の人には見えない友」がアドルフ・ヒトラー。しかも、コメディアンのタイカ・ワイティティが演じるとあり、かなり「大胆な冒険」をしたものですが、娘はものすごく面白がっていました(しかも見るのは2回目)。夫はドイツ人なので、ちょっと「こういう扱いにするのは、ギリギリ居心地が悪い」様子。私は、どうなるのかと思ったけど、以外に綺麗にすんなりまとまっていて、戦争を知らない若者層にも戦争の愚かさが伝わるいい映画だな、と思いました。

おすすめです!

それではまた! Stay home, stay safe!   Ka kite ano!

関連記事

  1. ここが重要ポイント! 薪(たきぎ)を積み方を教えます

  2. NZ超セレブシェフの美味しいデーツ入りチョコレートブラウニー

  3. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  4. ニュージーランドで誘われるWorking Bee(ワーキングビー)って…

  5. ダニーデンのミニ東尋坊「オルガンパイプ」によじ登る

  6. 夏休み企画・ダニーデン市立美術館をアート・ハントしながら回ってみた

  7. ニュージーランドでトマト栽培、今年の品種のラインアップ決まりました!

  8. 【ニュージーランド Lockdown 日記】 4/1 7日目 バック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著