【レシピ】旨味が最高! 庭師の完熟生トマトだけパスタ 

Kia ora! うちだいずみです。

毎年の夏の楽しみ、トマト。今年、我が家は10種類のトマトを作っているんですが、特に好調なのが、大型トマト。ダニーデンは気温が低めで、特に今年は雨も多いので、熟すまでに時間はかかっていますが、ようやく完熟してきました!

そこで、今回は、ガーデナーのお楽しみ・トマトの味を最大限に引き出した、トマトだけのパスタを作りました。

こ、これが・・・悶絶するほど美味しかったんです!

今回使った3種の「贅沢」トマトとは?

今回使ったのは、3種類のトマトです。色が違うのがお分かりでしょうか?

ブラック・クリム

右側の黒っぽいのは、ブラック・クリム。黒海沿岸クリミア地方原産のエアルーム種で、熟しても上半分が黒っぽく、下の方だけが赤くなります。

こういう品種は「黒トマト」とも呼ばれていて、植物が紫外線など有害な光から実を守るために蓄えた天然色素「アントシアニン」が特に多いのです!

アントシアニンは、抗酸化作用や視力改善、メタボ予防などにも良いと言われていますから、黒いのは、実はヘルシー要素が高いということになるんです。嬉しい。

このトマトは、酸味と旨味のバランスがとても取れていて、ちょっと塩味も感じられ、生でもすっごく美味しいです。カクテルのブラディーマリーにもぴったりだそうですよ。

ブランディーワイン・ピンク

写真左下の、ちょっとピンクがかったトマトが、ブランディーワイン・ピンクです。

これは「世界で最も美味しいトマト」とも呼ばれているエアルーム(伝統種)トマトで、現在のエアルーム・ブームを引き起こす源になったと言われているのです。

今回使ったのは小さめですが、大きなものは500gにもなります。

美味しいけれども、成長が遅い。そしてボコボコした形で、皮が薄く割れやすいので、店先にはまず出てきません。庭を持っている人だけが楽しめる・・・と言う贅沢品と言えるかもしれませんね。

種やゼリー部分が少なく、スライスしてトマトステーキにすると、最高です!

ビーフステーキ

ビーフステーキは、名前から想像できるように、大型のトマトです。いろいろな品種がこう呼ばれていて、上記のブランディーワインもビーフステーキの一種です。

種やジェリー部分が少なく、大きいので、サンドイッチやバーガースライス用にぴったりと言われています。

へた近辺の中心部分に白っぽい部分がなく、スライスすると「ビーフステーキ」みたいに全面が赤い、というところから、こう名付けられたそうですよ。

下の写真では、上がブラック・クリム、右がビーフステーキ、左がブランディーワイン・ピンクです。ちょっとずつ違って面白いです!

日本でも、これらのトマトの種を売っているところはあるようです。良かったら挑戦してみてくださいね!

さあ、この3種類の完熟生トマト。せっかく美味しいトマトなので、これだけでパスタを作りましょう。

完熟生トマトだけのパスタ・・・悶絶しました

材料

トマトの味を生かすのが目的。なので、パスタを細めにして、味がよく絡むようにしたのが、唯一工夫したところです(笑)

簡単です!

(2名分)
トマト                     500gほど
パスタ         200g(茹で時間2分、極細パスタを使いました)

オリーブオイル    大さじ3

ハーブ        ひとつまみ

にんにく       1片

塩・こしょう     お好みで 

作り方

1)冷たいフライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、火をつけてニンニクが香ってくるまで炒める(ニンニクが焦げて苦味が出るのを避けるため)。

2)ザク切りにしたトマトを投入(スライスしたトマトを飾り用に取っておきました)。

 

3)煮ていく(いろいろな色が際立ってくる・・・)。

 

4)さらに煮ていく(15分くらい)。この辺りで、パスタ用のお湯を沸かしておきます。

3)ハーブをひとつまみ入れる(今回は、庭のマージョラムを入れましたが、バジル、オレガノ、タイムなど、お好みで)。わざわざ動画にしてみました・・・(笑)

 

4)この辺で、パスタを茹でます。今回使ったエンジェル・ヘアというパスタは、2分くらいでゆだってしまうので、タイミングはここでした。でも、他のパスタを使う場合には、その茹で上がりが、ソースの出来上がりと同じくらいになるように調整してくださいね!

4)パスタを絡め、スライスした生トマトを飾って出来上がり! 塩こしょうはしなくても美味しいのですが、テーブルに置いて、お好みで。

サラダも添えて、出来上がり!

「これがソースの元なんだなあ」と、生トマトも1切れずつ楽しみました。

美味い! 肉食家族も文句出ませんでした

我が家は夫も娘も肉大好きな家族なんですが、このトマトの旨味がぎゅっと濃縮されたパスタには、全く文句が出ませんでした。

ガーデナー冥利に尽きる晩御飯になりました。

いや、庭をしてなくても、生トマトをじっくり煮れば、美味しいです! みなさんもぜひ試して見てくださいね。

それではまた! Ka kite ano!(See you again!)

 

こちらもどうぞ↓

関連記事

  1. NZ生まれのサクサクしっとりお菓子、タン・スクエア

  2. ここが重要ポイント! 薪(たきぎ)を積み方を教えます

  3. ニュージーランドで生ワカメを採り放題!? その見分け方は?

  4. 美味しいブロッコリーを〇〇と分けた話(我が家の定番レシピ付)

  5. もったいないから使っちゃおう ニンニクの皮を使った庭仕事

  6. 【レシピ】チャイブ(細ネギ)大量消費! オーブンで作る簡単おしゃれなネ…

  7. 【レシピ】パリパリ! サワードウ種のクラッカー(パセリ入り)

  8. 初心者にもできる! ニンニクの編み方(NZ版)徹底解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著