ダニーデンの図書館の遊び方(シティ編)

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ 9/10000

Kia Ora!  うちだいずみです。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、9個目はダニーデン・シティ図書館( Dunedin City Library)を訪ねましょう(^^)

 

 

外国の図書館、というと、「私なんかはいっていいの?」と思う方もいるかもしれませんが、ニュージーランドの図書館はとってもオープン!

誰でも入れます。

チェックも何もありません(注:あ、他の町のことは分かりませんが、ダニーデンはノーチェックです)。

座ってゆっくりする場所も沢山あります。

 

その上、とても速いFree Wi-Fiを使いたい放題なので、旅行者の方には(地元民にももちろん)、まずそれだけでも行く価値あり!

 

お金を節約したいバックパッカーの人とか、ちょっと時間が空いたり、雨が降ってきたりしたら、絶対にお勧めです!

 

 

今日は、町のど真ん中・オクタゴンから1分のところにあるシティ・ライブラリーを訪ねます↓

 

 

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

 

では、中に入ってみましょう。

 

入ったら、いきなり、グラウンドフロアーにインターネットコーナーがどーんとありました。

 

しかも、自由に使えるタブレットが何台も。

 

奥には巨大スクリーンも。

 

 

 

 

・・・・・・

 

これ、この間来た時にはなかったのに・・・・いつの間にレイアウト変えたの? 図書館よ、そんなに変わらなくてもいいんじゃないかい? 本の置く場所が無くなっちゃうじゃないかい?

 

活字中毒の私、もちろんE-BookもKindleも読みますよ。新聞もネットです。でも、図書館くらいは本を置いて欲しい・・・・ それに、そのタブレットとスクリーン代があったら、もっと本を買えるはずだったよね?

 

軽くショックを受けつつ、同じグラウンドフロアーにある子供の本セクションに娘を置いていきます。

 

 

よかった。ここはあまり変わっていない。小さい子が遊べて、親がくつろいでおしゃべりできるスペースも、そのまま。

 

娘が小さい頃、ずいぶん長い時間を過ごしたなあ、他のお母さんとかと一緒に。

 

懐かしいなあ・・・・・

 

子供には、やっぱり、紙の本を触って、愛でて欲しいです。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

さて、私は上の階へ。1階は実用書や各国語の本、楽譜など。

 

 

日本語の本のコーナーもありますが、ラインアップがイマイチ。以前は、ここに明治〜昭和の文学全集が置いてあって、私は「いつか時間があったら読破したい」と思っていたのに、いつの間にか廃棄されてしまっていた・・・・ 悲しいえーん

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

読みたい本がなかったので、さらに2階へ。1階と2階をつなぐ階段が、ポップ。

 

 

というのも、最近、レイアウトを大幅に変えた2階は13〜18歳のティーンズコーナーとなっているんです。

 

このティーンズコーナー、ルールがあります。

 

やっていいこと:「本を読む、おしゃべりをする、ぐだぐだする、勉強する、ネットサーフィンする」

 

やってはいけないこと:「罵る、叫ぶ、他の子を脅す、盗む、不適切な行動をとる、他の子の邪魔をする、物を壊す、アルコール・タバコ・ドラッグ・武器を使用する」

 

・・・・・

 

図書館にしては、かなりユルいルールピンクハートとなっております。飲食もオッケーらしい。

 

 

 

ソファーとか、ビーンバックが置かれて、「いつでもたむろしてください」状態。

 

 

サッカーゲームもあるよ。

 

 

今、ルールを読み直したら、ここはティーンのみが利用できて、ティーン以外は使っちゃダメだって。

 

わあ、知らなかった。私、今日の収穫はここで借りたマンガだったのに。

 

英語版『火の鳥』。誰にも怒られなくてよかった・・・・

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

収穫に満足して、さらに3階へ。3階は公式文書とか、資料とかがいっぱいあるところで、静かに「お勉強」できるスペースもいっぱいあります。

 

 

それに、小さなギャラリーがあって、今日は聖書の各国語に翻訳された本を展示してありました。

 

 

綺麗な本。古書、大好き。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

近年、ネットの普及で、図書館の利用者が減っていることは知っていたけど、今回久しぶりにシティの図書館に来て、大きな時代の変化を感じます。

 

図書館側も、なんとか利用者の数を増やそうと、四苦八苦なのでしょうが、本好きとしては本のスペースがどんどんネットカフェみたいになってしまうのは、悲しい。

 

それに、図書館が本を置かなかったら、著者はどうしたらいいんでしょう? ただでさえ売れない本が、ますます売れないし、読まれなくなってしまうではないですか。

 

シティの図書館は、観光客と、本を読まない若者向けに変貌してしまうのかなあ?

 

一方、図書館が、いろいろなイベントを開催しているのも事実です。

 

例えば、子供に読み聞かせをするストーリータイム、レゴクラブ(レゴが大量に持ち込まれ、子供たちが遊べる)、大人のブックグループなどなど。

 

また、今回行かなかった4階の会議室では、作家を招いての講演や、コミュニティ活動も行われています。

 

 

 

メディアの変化とともに、図書館も急激に変化しなくてはならないんですね。

 

でも、本棚の前に立って本を選ぶ楽しみは、どうか無くなりませんように。

 

 

 

ネットも好きだけど、ルーツは本。活字中毒は直すつもりがありません! 応援ポチッとしていただけると嬉しいです↓

 

関連記事

  1. 海藻を庭に撒くと、野菜がとっても元気に育つというお話

  2. NZ ジャシンダ・アーダーン首相の就任当初の言葉に、また心を動かされた…

  3. 庭に来る鳥と仲良くなろう! ニュージーランドGarden Bird S…

  4. スタインラガー東京ドライのCMから、日本イメージを考える

  5. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  6. 気候変動のための学校ストライキで語られたこと。ニュージーランド3月編〜…

  7. 簡単で失敗しない、ルバーブとヨーグルトのケーキ

  8. ダニーデン・サウンドの歴史ここにあり Muso Cludへ潜入

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著