NZ定番のお祝い「ベッドで朝ごはん(Breakfast in Bed)」:父の日編

突然ですが、夫婦歴も長くなってくると、記念日や誕生日のプレゼントに困りませんか?

うちの夫は、ものを持ちたくない人なのですが、それでも「何かちょっとは・・・?」と思い、いつもすごく困ります。

しかし、少なくとも「お祝い感」を出すことだけは、いつもなんとかできるんです。

<!–more–>

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ 41/1000

 

Kia Ora!  うちだいずみです。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、41個目の今回は、ニュージーランド風、父の日の過ごし方をご紹介しましょう。

世界各地で違う父の日

え、父の日?

そうなんです、父の日って、世界各国で違う日が当てられているんです。

ニュージーランドでは、9月最初の日曜日が父の日なんです。

Wikipediaより

 

私も、最初びっくりしました。娘が赤ん坊の時は、日本のおじいちゃんがまだ生きていたので、日本の父の日(6月第3日曜日)におじいちゃんにお祝いをし、ついでに夫にもお祝いをしたりしてました。

でも、娘が自分でカードなどを書けるようになってからは、NZの父の日にパパへの感謝を捧げています💗

定番のお祝い、しかもドイツの朝食はハードルが高い

で、定番のお祝いは・・・

Breakfast in Bed ー ベッドで朝食♡

 

なんか、映画みたいじゃありません?(笑)

正直、初めて友人が「うちは誕生日の時や父の日は必ずBreakfast in Bedよ」と教えてくれた時、うへえ、本当にそんなことするんだ!と驚きました。

で、夫にどう思うか聞いてみたら、めちゃくちゃ、して欲しがったので、ここ8年くらいはずっと続けています。

Breakfast in Bedは、いわゆる西洋人にとっては、究極の贅沢、「おもてなし」のようです(←あくまで私の周辺の意見です)。

うちの夫はドイツ出身で、ドイツの朝食というのが、実はすごい豪華なんです。

夫の実家に行くと、パンを4〜5種類、生チーズを含むチーズ4〜5種類、サラミ・ハムなどがやはり4〜5種類、生の豚肉のミンチ(パンに塗って食べる)、ジャム3種類くらい、バター、マーガリン、ヨーグルト、果物3〜4種類、コーヒー、紅茶、ミルク、フルーツジュースなどがしれっと並びます。

我が家の普段の朝食は、パン1、チーズ2種類、サラミ・ハムなど2種類、ジャム1種類、コーヒー、紅茶、くらい。

夫にしてみると、かなーり質素です。

でも、父の日や誕生日ばかりは、やはりグレードアップしなくてはなりません!

今年の父の日特製ブレークファストはパンケーキに決定!

Breakfast in Bedにするには、ひとつのトレイに乗るものを作らなくてはならない! ハードル高いんです。

考えた結果、今年は、カフェ風にバナナパンケーキにサワークリーム、ベーコンとサワークリーム添えに決めました。

 

こんな感じ。カードと花を添え、デザートとしてドイツ名物・マジパン(赤いハートのお菓子)を飾りました。

 

 

我が家のパンケーキは、クレープみたいな薄いもので、いつもは夫が作るのですが、今日は私が種を作り、娘が焼いたのです。

 

 

クローズアップ⬇︎ カロリー高そ〜(笑)

 

 

ベーコンとバナナの組み合わせ、ニュージーランドでは普通なんですが、最初はびっくりしました。でも、美味しいんですよ、塩味、甘い味、そして多様な食感が楽しめます。

 

さ、じゃあトレーを持って、ベッドに行きましょう〜と思ったら!

待ちきれなくなった夫が、起きてきちゃいました💦

 

ありゃりゃ。

 

「もう、起きちゃったから、今日はテーブルで食べる」

ということで、せっかくトレーにのせたけど、そのままテーブルで食べました。

 

 

パパ、いつもたくさんの愛をありがとう♡

 

 

関連記事

  1. 【ニュージーランド南島ダニーデン】オタゴ半島の自然が凄い!! 世界に注…

  2. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  3. 【ニュージーランド Lockdown 日記】 5日目 図書館で無料映…

  4. いざ、屋台フェスへ!〜ナイトヌードルマーケットで屋台進化形を堪能

  5. ソフトネックvsハードネック? ニンニク分類の謎に迫る

  6. スタインラガー東京ドライのCMから、日本イメージを考える

  7. 【スピな本棚】『祖母から聞いた不思議な話』(ネタバレあり)〜普通の人と…

  8. 【ニュージーランド Lockdown 日記】 4日目 シーサー、片付…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著