宝石みたいで可愛い! ビーチグラスを集めよう

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ 31/1000

Kia Ora!  うちだいずみです。

 

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、31個目の今回は、大好きなビーチグラスのお話。

 

お天気が良かったので、庭にまく海藻を拾おうと、ビーチに行きました。

 

いつものように、海藻がいっぱい。バケツで集め、車のトランクいっぱいに詰め込みます。

 

 

続いて、貝がら拾い。これは、庭の排水をよくするために使います。

 

 

あ、ビーチグラス! 分かりますか、真ん中に、水色のカケラがあるの。正確に言えば、これはガラスじゃなくて、何か陶器の欠けたもののようですが、角が丸くなって可愛いので、ビーチグラスの仲間に入れてあげましょう。

 

こっちにもあった。

 

 

 

いつの間にかビーチガラス拾いに夢中になってしまいました。

今日の収穫↓

 

ちょっとまだ、丸くないのが多いけど、どれも触ると尖ったところはありません。

 

こんな風になるまで、どれほど時間がかかるのかな。実は、作ろうとしてやってみた方がいるようで、砂と小石と水と一緒にペットボトルに入れて3万回振っても、まだビーチグラスみたいにならなかったということ。

 

すごい時間をかけて、作られているんですね。

 

アメリカの若き詩人サラ・ケイさんの「私に娘がいるとしたら」という作品があって、その中にこういうくだりがあります。

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

Because there’s nothing more beautiful

than the way the ocena refuses

to stop kissing the shoreline,

no matter how many times it’s sent away

 

何度押し返されようとも、

海が浜辺にキスするのをやめようとしないことほど

美しいものは何もないのだから。

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

海は諦めないんだな。そのたゆまぬ動きの中から、ビーチグラスは生まれてくるんですね。

 

今回は特別のビーチグラスもあって、それは瓶の口の丸いところが輪っかみたいになったもの。

 

ビーチグラス越しに見ると、世界がちょっと特別に見えるみたい。

 

 

うちに全部持って帰って、だいたいはリサイクルしたけど、この輪っかと、水色の陶器のカケラと、磨りガラスみたいになったいくつかは、宝物コレクションに加えました♡

 

 

 

ガラスが丸くなるまでの長い年月を思うと、ますます愛しくなります。応援ポチッとしていただけると嬉しいですm(_,_)m

関連記事

  1. 学校行かないWORK DAY。ニュージーランドの高校生は何するの?

  2. 【映画】監督に聞く。エドモンド・ヒラリー「最高の旅」は、インド人が「絶…

  3. ニュージーランドの野生動物を守れ! TVシリーズ 『Wildlife …

  4. ダニーデンの図書館の遊び方(シティ編)

  5. ニュージーランドの夏休み乗馬スクール1〜初体験編

  6. 絶滅に瀕した世界一重いオウム・カカポの最新情報はここで分かる!

  7. 日本では希少な存在! ロバに会って、○○しました

  8. ヒナなんと77羽! 2019年カカポの大繁殖、その記録を総まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著