ペンギン・ファンが絶対欲しくなる、ペンギン名言&写真集が発売されたよ!

ニュージーランドは、実はペンギン大国。特に私の住んでいるダニーデン にはキンメペンギンとブルーペンギンのコロニーがあるし、海岸を歩いていて出くわすこともあるんです。

そんなペンギン・パラダイスから、ペンギン名言とペンギン写真を集めた本が出ました!


 

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ 51/1000

 

Kia Ora! うちだいずみです。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、51個目の今回は、ペンギンファンから、すでに熱いレビューを得ている本、 “Waddle :A Book of Fun for Penguin Lovers (Animal Happiness) “をご紹介しましょう。

世界のペンギンの半分以上が、ニュージーランドにいる!?

世界には、ペンギンが17〜20種類くらいいる(科学者によって分類が違う)と言われています。このうち、13種類はニュージーランドの領海内で確認されています! つまり、南極と南米のペンギン以外、ほとんどがいるんです。

なので、ニュージーランドはペンギン研究も盛ん。

今年10回目を迎える世界的なペンギン権威の集まる学会、国際ペンギン会議も、もともとはダニーデン にあるオタゴ大学から始まっています。

そして、今日ご紹介する本は、このペンギン学会の創始者のひとりであり、「プロフェッサー・ペンギン」と異名をとるロイド・スペンサー・デイビス教授の書いたものなんです!

オタゴ大学書店で開かれた出版記念会で、ロイド教授の話を聞いてきました。

ペンギン研究者ならではの、ペンギン名言集!

 

ロイド教授は、以前からペンギンの本を書いています。例えば、アデリーペンギンの目からみた南極の1年を描いた1冊目の本「Penguin: A Season in the Life of the Adelie Penguin」は国内のベスト・ファーストブックを受賞、次に書いた「The Plight of the Penguin」はNZポストの主催する児童書賞で2002年のベスト本に選ばれています。

そんなロイド教授に、出版社から「ペンギン写真とペンギン名言で本を作らないか?」という打診があったとき、正直いうと「そんなに時間もかからないだろうから、やってみるか」という気軽な気持ちで受けたそうです。

ところが、実際にペンギン名言を探してみると、なかなか選べない!

いや、世の中にたくさんペンギンについて語った言葉はあるでしょうが、プロフェッサー・ペンギンが認めることのできる、納得のいく名言が見つからなくて、「思ったよりもはるかに時間がかかってしまった・・・」とのこと。

そりゃそうですよね。ペンギンの生態を知り尽くしているわけですから、間違ったこととか、見当はずれのことは言えないですよ!

その苦労の結果、完成したこの本は、今、ロイド教授が驚くほどの注目を集めています。

「今まで一所懸命に書いた本のどれよりも、圧倒的に人気なんだよ! 先週もラジオインタビューなどが10以上、今週も同じくらいのインタビューが予定されている」そうです。

なんでそんなに注目を集めているのか。その秘密は、オーストラリアのラジオインタビュアーの言葉から推測することができます。

「『あなたに脱帽ですよ。なにしろ、この本を読み終わったら、私もペンギンのことを大事に思う気持ちになっていましたからね!』って、インタビュアーに言われたんだ。僕はもちろん、いつも心の奥で、ペンギンのことを知ってもらって、守ってもらいたいと思っているから、こう言われて嬉しかったよ」

私もサインしてもらいました!

“Very best wishes to a fellow lover of Nature!(自然を愛する仲間へ)”って書いてくれたよ。

どんなペンギン名言が入っているのか、ちょっぴりご紹介!

では、本の中身をちょっとご紹介していきましょう。

ペンギンの生態にからめた名言ばかりじゃないので、勉強っぽい感じではありません!

 

 

“Everyone has their weaknesses  Some people smoke.  I collect stuffed penguins.  If you won’t tell, I won’t.  — Laurell K. Hamilton, Author”

「人はすべて、弱みを持っている。タバコを吸う人もいる。私は、ペンギンのぬいぐるみを集めている。もし、あなたが秘密を守ってくれるなら、私も誰にも言わない」ーローレル・K・ハミルトン(作家)

 

 

Gentoo penguins mate for life. 

Whereas Adelie penguins prostitute themselves for rocks.  I’d like to be your Gentoo penguin

Penny Reid, Author 

「ジェンツーペンギンは、生涯同じ相手とつれ合う。一方アデリーペンギンは、石をあげればついていっちゃう。私はあなたのジェンツーペンギンになりたいの」ーペニー・リード(作家)

 

 

And so you ask yourself:

“If a penguin can have a worthwhile, stimulating relathinship, why the hell can’t I?” 

Bradley Trevor Greive, Author 

「そして、自分に問いかける。もし、ペンギンに、意味のある、刺激的な交際ができるなら、どうして俺にはできないんだ、と」

自然フェスティバルWild Dunedin チームも応援中!

 

人口12万人ほどの小さな街としては、珍しい自然と、たくさんの自然関係者が集まっているダニーデン 。

今年の4月22日〜28日にはWild Dunedinという自然フェスティバルも開催されることになっていて、私もチームに入っています。

今回のロイド教授の出版記念会もチームで応援してきました!

このWild Dunedin自然フェスティバル、無料・割引付きツアー等の楽しい自然イベントが目白押しで、イベントによってはすぐに埋まってしまうものもあります。なので、Friend of Wild Dunedinというグループ(無料)に登録しておくと、先にプログラムをもらえて、すぐ予約することができます! 早めに、ぜひ登録してくださいね!

 

 

関連記事

  1. またまた男の子大興奮!? 港で働く可愛い車たち(木材積み込み編)

  2. 学校行かないWORK DAY。ニュージーランドの高校生は何するの?

  3. 夏のビーチ! 何も持っていなくても遊べる楽しい「砂ゲーム」ってナンダ

  4. NZ超セレブシェフの美味しいデーツ入りチョコレートブラウニー

  5. ヒナなんと77羽! 2019年カカポの大繁殖、その記録を総まとめ

  6. 楽しい貝殻クラフト・樹脂粘土と組み合わせた小さなブローチ作り

  7. 簡単で失敗しない、ルバーブとヨーグルトのケーキ

  8. 日本では希少な存在! ロバに会って、○○しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著