楽しい貝殻クラフト・樹脂粘土と組み合わせた小さなブローチ作り

自然の造形って、本当に綺麗ですよね。私は特に、海に行くとついつい足元をみて、綺麗な貝を探してしまいます。

でも、拾った貝、どうしてます? その一つの答えを、見つけました。

<!–more–>

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ 7/1000

Kia Ora!  うちだいずみです。

ニュージーランドの遊び方を1000個見つけるブログ、7個目はネイチャークラフト♡

貝がらと樹脂粘土でブローチを作りました。

 

 

先日、ワカメを採りにアラモアナ海岸に行ったんですが、その時に足元を見ると・・・・

いつもより小さい貝がいっぱい落ちてる!

 

この海岸では、写真のような丸い貝と三角形の貝が、いつもたくさん見つかるのですが、普通はもっとずっと大きいのです。

特に三角形のものは、大人の小指くらいあります。

それが、こんなに大量にチビちゃんがいる・・・・

こまこまナニカを作るのが好きな私たち、これは持って帰らずにはいられません。

 

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:

 

 

今回は、日本から調達してあったダイソーの樹脂粘土(貴重品!)を使って、ブローチを作ることにしました。

 

 

そのままでもいいのですが、ちょっとキラキラも入れることにします。

 

まぜて練って……..

他の色もアクセントとして混ぜます。

 

他の色を入れてからはあまりこねず、それぞれの色味が生きるように、一体化するくらいにします。(←ポイントです)

 

それをくるくる丸めます。

 

ここが面白いところ!

 

混ざり具合はなかなか計算できないので、どんな風になるかは天に任せるしかありません。毎回ワクワクです。

 

一番、自分の好きなパターンが出ているところを選びます。

 

 

その好きなパターンが上に来るようにして、台に置き、平たいプラスチック(これは道具箱の仕切り板)で表面が平らになるように潰します。

 

 

形を整え、貝殻を乗せます。

 

 

(ちょっとひび割れているみたいに見えますが、後でちょっと透明ボンド等で埋めれば大丈夫です)

 

このまま2~3日、まず乾かします。

 

 

細かい作業の得意な娘も、集中しております。

 

もちろん、丸じゃなくても、いろいろな形と色で、好きなように作ってくださいね。

 

素材も、いろいろなデコパーツと合わせてもいいと思います!

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚

 

今後の作業ですが、

 

乾いたら、一度、貝を外し、樹脂にニスを吹きかけます。貝にもニスをかけておきます。

 

ニスが乾いたら、貝を接着剤で同じ場所に貼りつけ、後ろにブローチ用のピンをつけて出来上がりです。

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

では、どんなのが出来たか、見てみましょう〜!

 

 

私作。砂浜と海岸のイメージ。

 

 

 

私作。波のイメージ。

 

 

娘作。2色のねじりと、太陽のような放射状がいい感じ。

 

 

 

私作。これは夜のビルのイメージで作りました。

 

 

 

娘作。私にはできない、素敵な配色。

 

 

 

私作。混ぜてたら、馬みたいになったので、貝は使用せず。

 

 

 

娘作。キラキラしてて、なんだかインドっぽい?

 

 

 

私作。黄色のベースと黒の貝のコントラストでポップを狙いました。

 

こうしてたっぷり遊べるのも、小さな貝がらが拾えたから。

海岸を歩いていて、これだけ大量の小さな貝がらに出会えたのは初めてだったので、とても嬉しかったです。

でもこれ・・・・小さな貝が春に生まれて、生き続けられなかったのかな。

そうだとしたら、こういう形で生命を祝福してあげられて、良かった。

 

関連記事

  1. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  2. ニュージーランドのクリスマスツリー、ラタとポフツカワの違いはどこ?

  3. NZ超セレブシェフの美味しいデーツ入りチョコレートブラウニー

  4. 【ダニーデン観光】 自然フェス Wild Dunedin を全力紹介!…

  5. 夏のビーチ! 何も持っていなくても遊べる楽しい「砂ゲーム」ってナンダ

  6. 男の子大興奮!?  ダニーデンの港でタグボートのお仕事拝見

  7. ニュージーランドでプラスチックゴミを減らす生活宣言!

  8. スタインラガー東京ドライのCMから、日本イメージを考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事 おすすめ記事

著書・共著